RACH GYM menu

ラッハジム(RACH GYM)

〒921-8825
石川県野々市市三納2丁目129
営業時間:09:00~23:00

TEL. 076-287-5886

2021.04.02

どこからがダイエットの停滞?停滞期の見極め方

こんにちは!石川県野々市市、金沢市のパーソナルトレーニングジムRACHGYMトレーナーの尻田です。

ダイエットを継続して行っているとどうしてもやってきてしまう‘‘停滞期‘‘。食事や運動を頑張っているのに停滞が続いてしまうとモチベーションも下がりかねません。

停滞してしまった際には食事を調整したり、運動の内容を見直したりしていくわけですが、その前に本当に停滞しているのかしっかり見極めることが重要です。

例えば3日間体重が全く減らなかったとします。これを「停滞だ」と捉え、食事を減らしたりというダイエットをしていると恐らく失敗します。

ではどこからが停滞期なのか、見極めるためには何を見ればいいのかといったところを本日は解説していきます!

どこからが停滞期か

※まず始めに「体重が◯日間変化がない場合は停滞期とする」のように停滞期の定義などがあるわけではありません。そのためわたし個人の考え方となります。

体重の数値だけを基準にして判断するとしたら2週間変化が無ければわたしは停滞と判断します。ダイエットをしていると1週間体重が変わらないということはよくあります。その度に食事を減らしたりしているとどんどん食べられなくなってしまいます。

しかし、これも体のコンディションによって違ってきます。

例えばダイエットを始めて間もない体重100kgの方が1週間体重が落ちないのと、ダイエットを開始して2ヶ月が経過した体重50kgの方が1週間落ちないのではわけが違います。

前者の場合は停滞ではなく、食事や健康面など何かがうまくいっていない可能性が高いです。

後者の場合はもう少し様子を見ますが停滞期の可能性があります。

といったようにその方のお体によっても見極める基準が少し違ってきます。

ちょっと話が逸れましたが、食事、運動、健康面に問題がなければ2週間は様子を見ましょう。「えー、2週間は長くない?時間がもったいないよ」と思いますよね。

最初にお伝えしたように”体重だけを判断基準にした場合”2週間です。

停滞期の判断材料は?

実際、わたしは2週間も待ったり、2週間も停滞に悩まされることはありません。体重以外にも判断基準となるものがあるからです。

例えばウエストの数値です。極端な話ですが体重が全く減らなくてもウエストがどんどん細くなっていっているならダイエットは順調です。しっかり脂肪が落ちている証拠です。

他にも毎週同じ場所、できるだけ同じコンディション(起床直後など)で写真を撮っておくのもよいです。体重は減らなくても見た目が変わっていることはザラにあります。

このように判断材料をいくつも持っていると停滞の見極めがより確実にできます。

逆に判断材料が体重だけだと見極めもしにくくストレスにもなりかねません。

体重が減らなくてモヤモヤしながら過ごしていたとしても、実はウエストを測ったら細くなっているかもしれません。

「ウエストは落ちてるからOK!」と安心してダイエットを続けているとどこかでストンと体重も落ちて追い付いてきてくれます。

仮に体重、ウエスト、写真全てが2週間変わらなかったとしたら本当に停滞です。しかし正しくやっていれば全てが変わらないことはまず無いと思います。停滞する前に食事内容を調整する時期が来たりして停滞期とは無縁な日々を過ごせます。

まとめると

停滞期の判断材料は

・体重

・体脂肪率

・メジャー測定の数値(ウエスト、もも周りなど)

・写真

などがあげられます。できるだけ多くの判断材料をもって停滞期を確実に見極めましょう。

体重を見るときの注意点

中でも体重には振り回されないように注意してください。体重は簡単に変動します。

食べたもの、飲んだ水分の量によって1~3kg

汗を流す前後で0.5~1kg

トイレの前後でも0.3~1kg

朝測るのか夜測るのか など色々な要素でかなり変動します。

そのため、ダイエットをしていても上がったり下がったりを繰り返します。

体重を見る時は1週間の平均値で見ましょう。平均値が先週の平均値よりちょっでも落ちていればOKとします。

毎日の変化に合わせて食事も変えたりしていると疲れてしまいますし、気づかないうちに食事量を減らしすぎてしまうかもしれません。

まとめ

・停滞を見極めるための判断材料はできるだけ多く持ちましょう

  体重、体脂肪率、ウエスト、写真など

・複数ある要素のうち、どれか一つが変化していればOKです

 食事、運動は変えずにそのまま続けましょう

・体重だけを基準にするなら2週間変化が無い場合は停滞している可能性が高いです

・体重は1日単位で見るのではなく、1週間の平均値で判断しましょう。

 先週の平均値より少しでも落ちていればOKとします。

最後に

正しく停滞期を見極めることも大事ですが、そもそも停滞させないことの方が重要です。

停滞しない食事の調整方法や運動の意識についてはまたの機会でお伝えしたいとおもいます。

本日もご愛読いただきありがとうございました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

■ラッハジムホームページより無料体験予約が可能となっております!

野々市市、金沢市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は是非ラッハジムへ!ご来店お待ちしております。

https://rachgym.com/

■Instagram

https://www.instagram.com/rachgym/?hl=ja

■YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCvTxCszITySJtx9NNcky3jQ

■RACHGYM野々市本店

 〒921-8825

 住所:石川県野々市市三納2丁目129

 TEL:076-287-5886

■RACHGYM金沢店 

 〒921-8025

 住所:石川県金沢市増泉2丁目11-3warrant2-2号室

 TEL:076-220-6820

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

この記事をシェアするTweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

お気軽にお問い合わせください。

石川県にて営業しているパーソナルトレーニングジム・ラッハジムはマンツーマンであなたの体と心をサポートします。野々市市役所から徒歩3分の場所にあり、お仕事帰りも手ぶらでご来店いただけます。 1人では続かないトレーニングも、ラッハジムのトレーナーが居れば正しい方法で、最短距離で理想の体へ。 まずは無料の体験にお気軽にお越し下さい。