RACH GYM menu

ラッハジム(RACH GYM)

〒921-8825
石川県野々市市三納2丁目129
営業時間:09:00~23:00

TEL. 076-287-5886

2021.03.27

摂食障害になった時のお話

こんにちは!石川県野々市市、金沢市のパーソナルトレーニングジムRACHGYMトレーナーの尻田です。

摂食障害とは大きく分けると「過食症」と「拒食症」に分類されます。

摂食障害が発症してしまう原因は社会的要因、家族・生活環境、心理的要因が複雑に関与します。

やりすぎたダイエットをしていると以上の内、心理的要因、社会的要因が関与し、摂食障害を発症してしまう可能性が出てきます。

わたしも今までに色々な食事制限方法を試し、減量で自分を追い込んだ挙句、あまたの爆食い→リバウンド(これが俗にいう過食症です)を繰り返してきました。

その中で気付いたことや、摂食障害を防げる可能性がある考え方などをお伝えしたいと思います。

気付かない過食症

私達ラッハジムのトレーナー3人も大会に出るために減量を行っております。大会に出ているとよく見る光景の一つに

①大会出場のために減量

②大会終了

③1か月経たずで10数キロリバウンド

これ、意外と多くの選手が経験していると思います。私も3度経験しました。

しかし、ほとんどの選手がこれを笑い話のように話すんですよ。

「もう○○kg増えちゃいましたー笑」って

わたしも大会後のイベントの一つというか、そんなもんだと思って食べまくってぶくぶく太っていました。

毎日朝食後にハーゲンダッツを食べ

休日にはお菓子やミスタードーナツを買い込んで部屋に引きこもり

出勤途中のパン屋さんに入りパンを3つほどたいらげ

トレーニング後なら太らないと言い聞かせてジャンクフード、スイーツ、菓子パンを詰め込み

(自分にはたくさん食べて筋肉を大きくするため、と言い訳をしながら)

寝る前にもコンビニスイーツを食べて

※これプラス5~6食お米、パスタ、鶏肉などを食べていました

食べ疲れてそのうち眠気に襲われ、気付いたら朝になっていました

こんな生活を毎日送り

1か月半で20kg太りました(60kg→80kg)

確かに極限まで絞った後の体は太りやすくはなっています。

ただ、

冷静に考えたら1か月経たずで10kg太るなんて普通じゃないですよね。

仕事や環境のストレスが原因で…というパターンはたまにありますが

「何か月も我慢してきたんだからしょうがない」で片づけてしまったらそこまでです

多くの選手が自分自身が過食症になっていることに気付いていません。

わたしも気付いていませんでした。

と、いうより「食べたい、自由に食べられる」という気持ちが強すぎて気付く余裕が無くなります。

何より私たちには「筋肉をつけるため」というそれっぽい言い訳もあります。

そして食べるだけ食べてリバウンドして精神が落ち着く頃に過食症状も治まります。

何か月もかけて作り上げた体が1か月も経つと元通りかそれ以上までリバウンドしてしまいます。

何か月も我慢して減量を続けられる精神を持ち合わせているにも関わらず

これが身体的・精神的疲労が原因の

自分の意志では食欲をコントロールできなくなってしまった過食症です。

過食は食べるというより、食べ物をカラダに放り込むといったほうが合っている気がします。

あれは食事ではなく「病」や「呪い」です。

過食によって食べる行為では何も満たされません。

お腹が一杯でも食べる

吐きそうでも食べる

ひと眠りしてお腹に隙間ができたらまた食べる

精神的にも満たされません。

味は感じますが食事による「幸福感」は何も感じません。

血糖値が安定しないので常に睡魔と倦怠感が付きまとい、生活もどんよりします。

そして翌朝、増えた体重と浮腫んだ自分の顔を見て

ドッと罪悪感や後悔に襲われます。

しかし、その気持ちもすぐに消え失せ、また過食が始まります。

わたしはお客様と会うのが恥ずかしくなるくらい太っても過食を止めることはできませんでした。

何なら太った自分の姿が恥ずかしくて外に出るのも嫌でした

それでも自分の意志では食欲をコントロールできなくなっていました。

3度繰り返してようやく気付きました。

自分がしたいボディメイクはこんなんじゃない

もちろん大会に出るために作り上げる体はカッコいいです。

トレーナーであれば一度は経験してほしいです。

でも、自分が求めている、広めていきたい

ボディメイクはコレじゃないということ

運動や食事管理でカラダが変わっていくことが嬉しくて楽しくて

同時に心身共に健康に過ごせることを目的としていきたい

トレーニングには人生を変えてもらいました

このことを少しでも多くの人に体感していただきたいと思ってトレーナーを始めたのに

激太りしてお客様に醜態をさらして、何やってんだろうと

原点に立ち返った時、大会後の過食は起こらなくなりました。

もちろん「食べたい」という気持ちが0になったわけではありません。

食べたい気持ちよりも

「食べた後の自分」を想像して「もう、ああはなりたくない」と抑制できる力がついたのだと思います。

血糖値も安定し生活もよりアクティブになれます。活動的に過ごしていると無駄に食べたい気持ちも気付けば後回しになっています。

「太ったパンパンな顔」、「苦労した減量期間」を思い出すと冷静になれるようになりました。

決してスイーツやラーメンを食べちゃダメと言っているわけではありません。

普通に食べていただけでは1か月で10数キロも太らないはずです。

過食症の時は食べる度合いが違います

今のわたしももちろん外食の機会やイベントなどがあれば普通に食べてその場を楽しみます。

全部をシャットアウトしてしまうと食を楽しむタイミングや人間関係を失ってしまいます

また、筋肉を増やすときも、そこまで太る必要はないというのが私の考え方でもあるので。

最後に

ダイエットによる摂食障害は、ほとんどが

「過度な制限・運動」「自分を追い込み過ぎたこと」による身体的・精神的ストレスが原因だと思います。

摂食障害は、なりかけの時もなっている時も自分では気付けません。

もし今現在、少しでも「食べたい気持ちが、食べ物が頭を付きまとう」という方はトレーナーか詳しい方に相談してみてください。

わたしは過食症予備軍であった大会前に

大食い動画をひたすら見たり、大会が終わったら食べたいものリストを作ったり、グーグルマップに行ってみたい印のフラッグを立てまくっていました。今のわたしからすると考えられません。

このような衝動はマインドを変えるだけでもすぐに解決はできなくても、緩和することができます。

場合によっては食事の内容や運動を見直す必要もあるかもしれません。

自分を追い込み過ぎている方って、「自分自身で食事や運動を緩めること」が難しくなっています。

もっとやらなきゃ、緩めたら太るんじゃないか、停滞するんじゃないかって

いいように言ったら「ストイック」ですが、努力の方向が間違っていてはその努力も報われません

ただ、知識のある第三者が聞けば明らかにやりすぎているってことが分かるはずです。

一人でかかえこまず、誰か分かる人に相談してみてください。

何かお悩みの方はラッハジムのインスタ、ホームページなどからメッセージをください。

少しでもお力になれるようご尽力させていただきます。

皆様のボディメイクが成功することをお祈りしています。

長々とご愛読いただきありがとうございました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

■ラッハジムホームページより無料体験予約が可能となっております

野々市市、金沢市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は是非ラッハジムへ!ご来店お待ちしております。

https://rachgym.com/

■Instagram

https://www.instagram.com/rachgym/?hl=ja

■YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCvTxCszITySJtx9NNcky3jQ

■RACHGYM野々市本店

 〒921-8825

 住所:石川県野々市市三納2丁目129

 TEL:076-287-5886

■RACHGYM金沢店 

 〒921-8025

 住所:石川県金沢市増泉2丁目11-3warrant2-2号室

 TEL:076-220-6820

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

この記事をシェアするTweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

お気軽にお問い合わせください。

石川県にて営業しているパーソナルトレーニングジム・ラッハジムはマンツーマンであなたの体と心をサポートします。野々市市役所から徒歩3分の場所にあり、お仕事帰りも手ぶらでご来店いただけます。 1人では続かないトレーニングも、ラッハジムのトレーナーが居れば正しい方法で、最短距離で理想の体へ。 まずは無料の体験にお気軽にお越し下さい。